山窩 yield

大和朝廷に媚びなかった邪馬台国の一部の末裔
丹波大己貴は、崇神天皇の御代、大江山の鬼、陸耳御笠とされ、追討される事になる。多紀理姫は丹波大己貴の后に成ったことで、菊理姫と呼ばれ、後に匹女とされた。 大己貴と菊理姫の民の一部は大和朝廷に服従せず、山中にひっそりと暮らした者たちが居る。 彼らも土蜘蛛と言われ、追討される。 山窩や山内と言われた人達がいるが、この人たちが彼らの一部ではないかと思う。
彼らは以前の邪馬台国の人達で、菊理姫を信奉していた人達だと思う。 白山神社が全国にあるのは、この民の思いまで消すことが出来なかった所以ではないかと思う。
京都では700年代町に住んだ人々が貧窮者・病人・孤児を河原や山に捨てるようになった過程と、他勢力から隠れ住んだ人たちの過程の違いは、状況が変わればここまで変わるのか、民族性なのかは判らないが、状況があまりにも違いすぎる。
彼らは大和朝廷になる前の、12000年前の奈良竹内遺跡、福知山武者ヶ谷遺跡等、代々続いていた人達だと思う。
彼らが大和朝廷に屈服しなかった人々だとしたら、 人は戦わなかったら、服従しなかったら、いずれ身を寄せるところがなくなり、彷徨い続けて、泡と消えて、何も残らなくなるのだろうか。 1700年耐えて、1700年経っても、神が真実を明らかにしてくれることも無く、跡形もなくなってしまう。 無口な者はいつになったら・・・、 弁が立つ者はいつになったら人を敬う事が出来る様になるのだろうか。

background music


山窩(サンカ)の記事
広島では、昭和20年代末まで確実にやってきていた。
太田川の支流である三篠川方向が祖母の里なのだが、この三篠川に夏になると毎年やってきて、
農家の藁小屋を宿にして、川魚を穫り、素焼きにして、物々交換していたという。
1週間位いると次の上流の集落に移動していく。
殆ど里人と話す事はなく、穫った川魚を交換する際にも、口など効かなかったらしく、
交換する物として何が欲しい等と言うことさえ語らなかったらしいのだが、
里人の方がその辺りは心得ていて、各家ごとで交換する物、米とか野菜とか、お金とか
長年の習慣で、決めていたのだという。
悪さをしない、おとなしい、と云うことで、誰も咎めることはなく、
むしろ、彼らが来るのを楽しみにしていたらしい。
戦後、川が荒れ、魚が捕れない時期があったらしく、その時には竹細工物を作っていたという。
漁法は千本針流しという方法で、針をたくさん付けたテグスを流す方法で、かなり古い漁法らしい。
傍で子供達が水遊びなどしても、全くお構いなしで、知らん顔を通していたという。
父親が子供の頃、彼らの宿を覗いたことがあったらしいのだが、全く取り合わず、
文句も言わなかったという。
普通は4人ほどの家族で、一番多いときで二家族7人で来たこともあったという。
昭和30年代に入るともう来なくなったという。

山内(さんない)の書籍
山県郡加計村の鉄山師は戸河内村などの奥深い山で踏鞴を経営していた。踏鞴には付属の鍛冶屋も設けられており、これらの製鉄作業場を山内(さんない)とよんだ。踏鞴では砂鉄を鋳物銑(せん)に溶解する作業が行われた。ここでは全体の作業を指揮する村下(むらげ)、村下の補佐役で炭の吟味をする炭坂(すみさか)、天びんふいごを踏む番子(ばんこ)、炭を焼く山配(はい)・山子(やまご)などの労働者が働いていた。また鋳物銑を精錬する鍛冶屋では、大工・佐下(さげ)・手子(てご)と、鍛冶用の炭を焼く小炭焼などが働いていた。山内には彼らの家族も一緒に住んでおり、政ヶ谷踏鞴鍛冶屋では1787年に321人が暮らしていた。うち女性は145人であった。
彼ら労働者は、日々の食糧米などを勘場(かんば)(山内の事務所)から借りて生活し、その借米・借銭と彼らの賃金は盆と暮に決済され、そのとき条件によっては他の山内に移る場合もあった。しかし多くは鉄山経営者に隷属し、自分はもちろん子や孫に至るまで、終生同じ経営者の山内で働いたようである。
「山内の者無用に出山仕るまじく、地下の衆を山内へ引き込み申さず事」という山内掟にみられるように、山内では近くの百姓集落との交流は制限されていた。また「諸商人山内へ入り込ませ申さず」ことを原則とし、やむおえない場合は荷物を改めて許可した。また「僧侶と俗人に限らず何人にても一宿も仕まつらせず」、医者も治療が終わればただちに送り返す掟が徹底されていた。こうした掟は11歳から70歳までの男子に読み聞かせ請印をとっているから、男子は11歳になると山内の仕事に従事させられたようである。一人前になると結婚することができたが、それも経営者に届け出て許可を得なければならない規則となっていた。
板ヶ谷鍛冶屋山内には明治初年、19の家族が居住していたが、その妻の出自をみると、2人が農、1人が商で、ほかはすべて山内出身であった。同じ山内やほかの山内の女性と結婚する場合が多かったのは、近くの農民と交流が制限されていた為だけではないだろう。なによりも彼らは鉄山経営者の所有物とみなされており、ある種の差別意識もあって農民に敬遠されたのではないだろうか。ともかく彼らは一生山内で働き、生活し、そして死を迎えた。戸河内町餅ノ木山内の彼らの墓石は、多くは破損・整理統合され、今や忘れ去られようとしている。
鉄山経営者たちは、豊富な森林資源を求めて山中に踏鞴・鍛冶屋を移設していった。それを受入れる村は企業誘致に似たようなところがあった。その理由は山手銀(山の使用料)のみならず、鉄荷の運搬稼ぎ、木炭の供給によって、村が潤った。